So-net無料ブログ作成

そろそろ銀河シーズンも終わりですね… [天体画像]

この数か月、ほとんど撮影のチャンスがありませんでした....(◞‸◟)

銀河シーズン撮影したかった対象の半分も撮れずに終了です。

何とか撮影できたのは、残り3対象。

ボチボチと画像処理してブログにアップです。

本日は、4月に撮影した、りょうけん座にある渦巻銀河M106銀河です。

M106は、本来メシエカタログには記載されていなかったそうですが、

1947年(まだ最近)になってからカタログに加えられたんだそうです。

これだけの大きさがあり美しい銀河がカタログに記載されていなっかたというのは不思議な気がします。


M106-ps1-ok-1.jpg
2019/04/01 20:28~露出 120s×16 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理
       トリミングしてみました。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

ともぞう

ベルスタ-さん、お久しぶりです。
先月ですが所属天文研究会の方がSD103Sを持っていたので見させてもらいました。
ED81SⅡ所有の私からしたら、デカい!と思いました。
長焦点になればなるほど、きっちとした極軸合わせ、ガイド撮影が必要なんだなぁ-と痛感しました。
by ともぞう (2019-05-25 05:57) 

ベルスター

ともぞうさん、こんにちは!
確かにでかいですね。重量も増えますし…
しかし、SD103Sの星像は専用フラットナーを介する事で素晴らしいです。フルサイズでも周辺減光は抑えられてますし良い鏡筒だと思います。
by ベルスター (2019-05-25 07:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。