So-net無料ブログ作成

今年も撮らせていただきますぅ...オリオン座周辺 [天体画像]

いよいよ10月も終わりですねぇ。今年も後2か月となり、日に日に夜遊びが辛くなってきましたね。
肌寒い上に、お天気に左右されるこの趣味ではございますが、オリオン大星雲と馬頭星雲を、今年もようやく撮影できました。
画像処理も、久しぶりなんでグイグイ炙り出してみましたよ~...
ただ、前からずーっと気になっていたんですが、私の処理方法が悪いのか、青色が出ないんですよねぇー
皆さんの作品には、青くて綺麗な星がキラキラしてるのにぃ
これは、屈折だからなのか?光害カットフィルターのせいなのか?それとも、画像処理方法に問題ありか?
そして、見事にオリオンが白飛びしております。これは、原因判っております。
はい、完全に段階露出を忘れておりました。ガクッ(ノД`)・゜・。
イメージ 1
2018/10/09 02:08~露出 120s×30 iso3200
FS-60CB x0.72RD(256mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理
 
イメージ 2
 
天体写真に興味がある方クリックお願いします。
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    オリオンの派手派手ゾーンですね。
    私も画像処理に四苦八苦していますので、お気持ち良く分かります!
    もしよろしければ、私で分析させていただけないでしょうか。
    初心者が偉そうなこと言えませんので内緒モードでコメントさせていただきますが、青が出ない原因特定のお手伝いが出来るかもしれません。もしよろしければ^^ 削除

    [ タカsi ]

    内緒 

    2018/10/29(月) 午後 6:03

    返信する
  • 顔アイコン

    > タカsiさん
    コメントありがとうございます。本当に天体写真の画像処理って難しいですね。機材によっても違いますし(^-^;
    タカsiさんに何かお心当たりがあれば是非教えてください。
    宜しくです。 削除

    [ ベルスター ]

    内緒 

    2018/10/30(火) 午前 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは(^^)
    冬を代表する贅沢な構図、馬頭付近とオリオン星雲を一網打尽ですか。オリオン星雲は輝度差もあって難しいですけど、必ず撮りたい対象ですね。

    青が出ないとのことですが、赤が出過ぎているかもしれませんね。ヒストグラムを見ると、おそらく赤の幅が広くなってると思います。そして、青と緑が細いはずです。なので、青、そして緑のコントラストをあげて、強調すると、全体のカラーバランスも、もっと良くなると思いますよ(^^)
    「上手いな」と思える作品を保存して、彩度100%にしてみたり・・・ヒストグラムを見ると参考になるかと思います。特にヒストグラムのシャドー側、山の左側がほぼ揃ってると思います。
    ヒストグラムありきで処理するのもよくないかもしれませんが、処理の合間にチェックするといいかもしれないですね(^^)長々とすみません・・・。

    私も、直焦点でのオリオン星雲、次新月期に撮ってみたいです(^^)/ 削除

    [ おりおん ]

    2018/10/30(火) 午前 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    > おりおんさん
    貴重なアドバイスありがとうございます。
    なるほど...そういえばSi8でコンポジット直後は赤が広いです。そこで、青と緑を赤の幅に合わせるんですが、その状態で現像してPSCCへ持って行くと何故かまた狭くなってます。Si8とPSCCではヒストグラムの条件が違うんでしょうか?そのあたりもよく考えて頑張ってやってみたいと思います(^^)/ 削除

    [ ベルスター ]

    2018/10/30(火) 午前 11:00

    返信する

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

9月のキラキラシリーズ ラスト! [天体画像]

9月に撮影したピアノ線キラキラシリーズ最後の在庫をようやく処理しました。
今月に入って、仕事で何かとありまして画像処理が進みませんでした...
ようやく落ち着いてきたので9月の在庫を画像処理しました。
ケフェウス座のSh2-129フライングバット星雲です。
青いダイオウイカは炙っても浮かび上がるわけが無いので、
                      最初から炙っていません(^^♪
イメージ 1
2018/09/10 23:54~露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理
そして、この日最後に撮ったのがM33銀河です。この頃から、少し薄雲があったようで24枚中12枚がアウトでした。残り12枚での処理なのでノイズが多く、ノイズ処理のし過ぎで、ぼやぁっとぼやけた銀河になってます....(^_^;)
イメージ 2
2018/09/11 01:16~露出 120s×12 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理
 
もっともっと画像処理の勉強がひつようですねぇ...マスクのかけ方がどうも上手く行きません(T_T)
 
 
イメージ 2
 
天体写真に興味がある方クリックお願いします。
閉じるコメント(2)
    • アバター

      ベルスターさん、こんばんは。
      10月のキラキラシリーズはあるのでしょうか?
      ダイオウイカは、ナローじゃないと炙り出てこないんですよね?
      キラキラ=スパイダーがあるかないかですよね。星が十字に輝いて見えるのが好きな人と嫌いな人と別れるようですね。私は、十字に星が輝いて見える方がかっこよく見えるので好きです。
      マスクのかけ方ですか~?季節がら、風邪がはやり始めマスクする人が多くなりました。
      え?そのマスクじゃない!?それは失礼しました。(^^ゞ 削除

      [ ともぞう ]

      2018/10/26(金) 午後 7:26

      返信する
    • 顔アイコン

      ともぞうさん
      10月のキラキラはございませんです...
      今月は、屈折に本来の仕事をして頂きました。まぁ、キラキラはその時の対象や、焦点距離によってって事もありますが、一般受けはいい様に思います(^-^)
      ともぞうさん、毎月風邪ひいてる様ですが身体に気を付けてくださいね。 削除

      [ ベルスター ]

      2018/10/27(土) 午後 5:57

      返信する

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まゆ&泡&クワガタ [天体画像]

イメージ 1
2018/09/10 20:22~露出 120s×30 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理
イメージ 2
2018/09/10 22:24~露出 120s×24 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI8、PSCC、にて画像処理
10月に入り鈴鹿は”F1日本グランプリ”で大賑わいでした。心配された台風も鈴鹿にはほとんど影響なく秋晴れの決勝でしたね。そして久しぶりの新月期快晴でございます。ベルスターは7日、8日と連日で久しぶりの夜更かしでした(^O^)/
そして上記作品は、9月に撮ったキラキラ[ぴかぴか(新しい)]シリーズです。
屈折鏡筒にピアノ線でキラキラ星にしたんですが、画像処理は星像にも気をつかいながらの処理となりますので普段より疲れました。星マスク必須ですね(^_^;)
反射をメインでお使いの星屋さんは、大変だと思います。屈折は屈折で星像がぼってりしないよう気を使いますが、何だかいつもより星像が気になりました。ハィっ!
反射望遠鏡で撮った綺麗な光条に憧れますが、反射は中から長焦点が多いですよね。広角の筒というと、あの黄色いあれしか思い浮かびませんが、光害地の庭撮りベルスターにはもったいなくて手がでません。
と、いう事でベルスターはこれからもピアノ線キラキラで気分転換することにいたします(^^♪
イメージ 2
?
天体写真に興味がある方クリックお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケフェウス座のsh2-140 [天体画像]

昨夜は、台風24号が日本列島を縦断していきましたが、
                 皆さん被害は無かったでしょうか?
9月10日に撮影した、ケフェウス座のsh2-140です。
マイナーな星雲ですが比較的大きな星雲で三日月状の明るい部分があり、その先に淡い星雲が広がっているのがこの星雲の特徴です。星雲の近くには暗黒帯があり、星の数も非常に多く大変美しい領域です。
ED81SⅡで撮影したんですが、少し遊び気分でフードの先にピアノ線を十字に張ってキラキラにしてみました(^^♪
イメージ 1
2018/09/10 22:01~露出 120s×16 iso3200
ED81SⅡx0.67RD(419mm)
Eos Kiss X5 SP4C(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C PHD2オートガイド
SI7、PSCC、にて画像処理
 
イメージ 2
 
天体写真に興味がある方クリックお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。