So-net無料ブログ作成
天体画像 ブログトップ
前の10件 | -

M104 メキシカンハット捕獲 [天体画像]

こんにちは。全然撮影機会に恵まれない今日この頃、中年太りが酷くなってきているので、全然上手くならないのでやめていたゴルフを再び再開し、ゴルフ練習場で小さな玉相手に、健康とストレス解消にいそしんでおります(^-^)


本日は、ひと月前に撮影したM104銀河、通称ソンブレロ銀河です。

この銀河は、おとめ座にある銀河でメキシコのソンブレロという帽子に似ている事からこの相性がついたそうですね。私には、メキシカンハットの方がピンときますが....

この銀河は中心部が大変明く周辺には暗黒帯があり、明暗クッキリしたところが大変美しい銀河ですね。



M104 ソンブレロ銀河-ps1-ok-1-2.jpg
2019/5/3 22:19~露出 180s×30 iso3200
セレストロンC8XLT(口径203mm焦点距離2,000mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理

nice!(1)  コメント(2) 

カメラレンズでM8&M20 [天体画像]

夏の天の川でも人気があるいて座にあるM8(干潟星雲)とM20(三裂星雲)です。

5月の連休中に自宅で撮影しました。アンタレス付近も撮影したのですが、光害カブリでダメダメでした。

この辺りは、カメラレンズで撮るもよし、望遠鏡で撮るもよしで春から夏の間楽しめる領域ですが、今回は、カメラレンズで撮影しました。広角で撮影すると天の川の沢山の星々と、暗黒帯が入交り私にとって、とても画像処理の難しい領域でもあります。


残念ながら、この新月も天気と休日が上手くかみ合いません(◞‸◟)

本当に今年は撮影ができてません(+o+) ストレス溜まりまくってます…(-_-;)


M8付近-ps3-ok-1.jpg
2019/05/04 00:43~露出 80s×43 iso1600
CanonEF28-135mm(135mm) f/5.6
Eos Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
KenkoSEⅡ赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理



nice!(0)  コメント(0) 

そろそろ銀河シーズンも終わりですね… [天体画像]

この数か月、ほとんど撮影のチャンスがありませんでした....(◞‸◟)

銀河シーズン撮影したかった対象の半分も撮れずに終了です。

何とか撮影できたのは、残り3対象。

ボチボチと画像処理してブログにアップです。

本日は、4月に撮影した、りょうけん座にある渦巻銀河M106銀河です。

M106は、本来メシエカタログには記載されていなかったそうですが、

1947年(まだ最近)になってからカタログに加えられたんだそうです。

これだけの大きさがあり美しい銀河がカタログに記載されていなっかたというのは不思議な気がします。


M106-ps1-ok-1.jpg
2019/04/01 20:28~露出 120s×16 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理
       トリミングしてみました。

nice!(2)  コメント(2) 

久しぶりの庭撮りで”子持ち”をGET! [天体画像]

大変ご無沙汰でございます…

4月の異動で、今までと全く違う立場、業務となり撮影をする余裕が無かったのですが、この大型連休でようやく撮影の機会を得られました(^-^)

まだまだ銀河が多く観られる時期ですので、久しぶりにC8を持ち出しました。このC8は昨年の火星接近に向けて手に入れたのですが、デジイチでの撮影はほとんど経験無しです。

おまけに、2000mmあると対象の導入すら手こずりますね(/_;)

ステラショットでの導入でも、試写で写る星の数が少ない為か中心導入に失敗するんです。

普段だと30分以内で準備完了なんですが…

久しぶりで、要領が悪くなっているのも加わって、設営から撮影開始まで1時間20分も掛かってしまいました…

さぁ、最初に導入したのはりょうけん座にあるM51子持ち銀河です。

この銀河はすぐ近くに伴銀河NGC5195を伴っている事から子持ち銀河と呼ばれているんですね。

数あるメジャーな銀河の中でも、この銀河は独特の形をしてますよね。それだけに天体撮影をされている方なら殆んどの方が毎年撮られている事と思います。


M51子持ち銀河ps1-1-1-2.jpg
2019/5/2 21:02~露出 180s×26 iso3200
セレストロンC8XLT(口径203mm焦点距離2,000mm)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理
やっぱり、C8のガイドは難しいです(+o+)
まともに、点像で写っている写真は僅かしかありませんでした。大半が星が横に伸びてます(◞‸◟)
それでも、思い切ってトリミング....(これが限界(/_;))


nice!(0)  コメント(2) 

花見はしたけど星撮りが出来ず(◞‸◟) [天体画像]

あ~ぁ~ ここのところ全然望遠鏡を出せていません(T_T)

来週には、こと座流星群が極大ですが、お月様がピカ~ンですよね…

今月は出番なさそうです。

と・・・いうわけで本日は、在庫の中から”M64 黒眼銀河”を出品です。

渦巻の中心あたりにはっきりとした暗黒帯を持っているのがM64銀河の特徴で、

黒目銀河と呼ばれる由来だそうです。 


M64 黒眼銀河-ps1-ok-1.jpg

2019/03/01 23:06~露出 120s×30 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理

SD103S SDフラットナーHD(811mm)ではこんなちっちゃいです。

これはこれで良い感じですが、銀河の迫力ある姿も観たいので拡大してみました....


M64 黒眼銀河-ps1-ok-1-2.jpg
やっぱり、天気の良い日に、長焦点で撮りたいですねぇ

nice!(0)  コメント(2) 

しし座の三つ子銀河 M65, M66, NGC3628 [天体画像]

2週間ぶりの投函です。

桜の花も、あちこちで満開ですね。

私も先ほど、犬を散歩させながら、近くの神社まで桜とつつじを見に行ってきました。

実は、私事ですがこの4月1日付で移動がありまして、バッタバタしております。

まあ、県内での移動なんで生活に問題はないんですが、今までとは全く違う職種となりまして、1から覚えないといけない事ばかり…(+o+)

こんな時は、気分転換に夜な夜な望遠鏡をだして天体撮影と行きたいところなんですが、今回の新月期もどうも休日と天気がうまくいきません(◞‸◟)

こうなると、休日以外の撮影も考えないと....

IMG_2585-5.jpg

IMG_2569-2.jpg


















というわけで、本日は3月に撮影した在庫のご披露で、しし座のトリオ銀河です。

この銀河群はしし座の方向に約3500万光年離れているんだそうです。

しし座にはもう一つ M95,M96,M105からなるトリオ銀河がありますが、

見比べるとM65, M66, NGC3628のほうが、それぞれ形も違い、特徴的で美しい銀河ですね。


何とか銀河祭り中に、

それぞれの銀河を長焦点で単独撮影したいと思っているんですが、果たして....


M65, 66 & NGC3628-ps1-ok-1-2.jpg
2019/03/01 21:47~露出 120s×30 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理

nice!(1)  コメント(4) 

銀河祭り参戦!! 定番M81&M82 [天体画像]

おおぐま座にあるM82銀河は思い出のある銀河です。

私が天体写真を始めた翌年の2014年1月21日に、ロンドン大学の観測実習中に”超新星SN2014J”が発見されニュースでも話題になりました。

その話題性に乗っかかって、私も初めてM82を撮影しました。以下がその時の画像です。

M82の中に増光している”超新星SN2014J”が写っています。


M81_M82-SN2014J.jpg
この時は自分で撮影した写真にものすごく感動したのを覚えています...
そして、今年撮影したのがこちら↓
M81&M82-ps1-ok-1-2.jpg
2019/03/19 21:44~露出 120s×30 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理
今年の画像では”超新星SN2014J”の姿は全くわからないですね。
上下2枚を見比べると、鏡筒もカメラも機材は当時と全く違いますが、わたくしの撮影能力も、画像処理能力も少しは向上している様ですね。
                   とりあえず、自己満足(^-^)

nice!(0)  コメント(4) 

NGC2359 トールのかぶと星雲...トールって誰⁈ [天体画像]

皆様、こんにちは。

本日は、おおいぬ座にある通称”トールのかぶと星雲”を投函でございます。

しかし、トールって誰?って事で少しネット検索!!

トールというのは戦神、北欧神話の雷神として主要な神なんだそうです。
その戦神がかぶる兜に形が似ていることから”トールのかぶと星雲”と呼ばれるようになったんだそうですね。

この星雲も何度か撮影していますが、本当に淡い対象です。

今回も自宅での撮影でしたが、シーイングが良かったのと露光を私にしては長くしたこともあり、割と淡い部分まで写ってくれました。


NGC2359 トールのかぶと星雲-ps1-ok-1-2.jpg
2019/02/26 20:34~露出 120s×50 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理
トリミングしてみました....  個人的に満足な1枚(^-^)

nice!(0)  コメント(2) 

ブログ引っ越してきました! [天体画像]

Yahooブログが突然のサービス終了ということで、こちらへ引っ越してきました(^.^)

過去ログもコピペで引っ越しましたので、振り返ることも可能です。

これから、こちらのブログで頑張っていきますのでよろしくお願いします。


さて、引っ越し一番の画像は、いっかくじゅう座のIC2169カタツムリ星雲です。

この星雲は、クリスマス星雲と一緒に撮影されることも多いですが、

あえて、今回は単独で撮ってみました。

青い星雲が数か所にあり、かたつむりの殻にあたる青い星雲の部分がIC2169で、

目になる部分がNGC2245など、いくつかの星雲で構成されています。

かたつむりの胴に当たる部分は、暗黒帯でできていて中々美しい星雲だと個人的に

思っています。

IC447 かたつむり星雲-ps3-ok-1.jpg

2019/02/26 19:16~露出 120s×30 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS Kiss X7i クリアフィルター改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理






nice!(1)  コメント(4) 

この冬最後のオリオン座 [天体画像]

多くの銀河が姿を見せはじめたこの新月期だったのですが、休日とお天気がかみ合いません(◞‸◟)
と、いうわけで銀河祭りにはまだ参加できていません....
本日は、2月に撮影したオリオン座とオリオン大星雲をようやく処理しましたので、久しぶりにブログを更新です。
1枚目は、SAMYANG 単焦点  85mm での庭撮りですので、光害の影響でカブリ処理で疲れてしまいましたが、何とか見れる画像になったので公開です:;(∩´﹏`∩);:
イメージ 1
2019/2/8 20:36~露出 20s×60 iso1600
SAMYANG 単焦点  85mm F2.0
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀
SI8、PSCC、にて画像処理
次のオリオン大星雲は、1月に購入したSD103S の実質ファーストライトになります。SD103S とSDフラットナーHDの組み合わせは、隅々まで満足のいく綺麗な星像を結んでくれました。
イメージ 2
2019/02/08 21:17~露出 20s×6 120s×19 iso3200
SD103S SDフラットナーHD(811mm(1.02x) F7.9)
EOS 6D IR改造(LPS-D1フィルター)
EQ6Pro赤道儀 50mmf4ガイド鏡 QHY5L2-C ステラショット
SI8、PSCC、にて画像処理

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 天体画像 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。